【2018年度版】成功転職ナビ

快適なサラリーマン生活・就職・転職成功の攻略を徹底比較

出世と喫煙

出世のために喫煙。

こんな話を聞いたことはないでしょうか。

バカげたことですが、実際に聞く話なので、こちらで紹介します。

喫煙する理由は、喫煙所で重役職の方と会話する・覚えてもらうことが目的です。

ここでいう重役職とは、執行役員・常務・専務クラスを示します。愛煙家の方いらっしゃいますね。

重役職の方と、日々仕事で接点があるのは、少なくとも上級管理職以上です。その役職についていない人にとっては、挨拶以外、会話することはまずないのではないでしょうか。

「偉い人に名前を覚えてもらって、いいアピールが出来たら。」なんて野心を抱く男性も当然いて然るべきです。

例えば宴会でご一緒することになっても、アピールを狙うライバル達も多く、隣の席に先約がいると、お近づきになるのは敷居が高いですね。

少し気軽に会話ができて・名前を知ってもらうことができるのが、喫煙所なんですね。

さらにメリットとして、喫煙所に来る時間帯の想定が付きやすいことです。

次回の待ち合わせなんかしなくても、“いっぷく”の行動パターンは大体決まっています。

・昼食後 

・午後一の会議が終わった頃

・15時(お三時)にコーヒーを買いに行く時

喫煙は体に有害です。喫煙を推奨するものでは決してありません。

現にこの方法で出世の糸口をつかんだ、という話を聞いて掲載しています。自己判断・自己責任でお願いします。

スペシャリストの転職はJAC Recruitment