【2018年度版】成功転職ナビ

快適なサラリーマン生活・就職・転職成功の攻略を徹底比較

中堅大学卒で大企業内定へ-学歴と経歴よりも大事なもの

中途採用において、学歴、経歴よりも大事な要素があるとしたら、皆さんは、何だと思いますか?

中堅の4年制大学卒業でも、大企業から内定をもらうことができます。

中堅というと抽象的ですね。誰もが憧れる一流大学ではなく、それでいて知らない人はいない、という程度です。

運が良かったのだと歓喜していた当時を思い出します。

同じタイミングで志願していた人の中で、学歴・職歴が中の上くらいだったのだろうと。強者がいなくてラッキーだったと。

しかし、内定から大分経ち、仕事上の良き師弟関係となった上司、つまり内定を出した当時の面接官から聞いた話では、運ではなく実力だったんだと。

同期や周囲の社員を見ていて「確かにこれか」と。

選考における重要な判断材料として、学歴・職歴よりも重要な要素はこれです。

①人間として好かれること

②どんなに優秀で、輝かしい経歴でも、嫌いな人間・気に入らない人間は採用しない

この2点です。

ポジションに必要な要件(スキル・経験)を十分満たし、そのアピールと伝達をしっかり行えば、あとは、人間として好かれることを主眼にアピールすれば突破します。

好かれるために持ちかけるテーマは、仕事の話、雑談でも何でもかまいません。

面接官は誰か?

第1次、2次は、配属先部署の上級役職です。最終面接は、大半は役員が登場します。

最初で最大の難関となる第1次、2次面接では、何を見られているか?

・スキル・経験

・自分が苦手なタイプの人間ではないか

・変にクセがあって扱いにくくないか

・1日約8時間一緒に仕事できる相手か

学歴・スキル・経験のレベルがどれだけ高くても、嫌いな人間、気に入らない人間は、絶対に採用されません。

スペシャリストの転職はJAC Recruitment


※大企業とは:Wikipediaより抜粋
大企業(だいきぎょう)とは中小企業の基準を超える企業。特に、誰でも企業名を知っているようなものは有名企業とも呼ばれる。
また、慣例として大手企業(有名企業のうち各業種のトップを占める数社~十数社)・準大手企業(大手と中堅の中間に位置する企業)・中堅企業(大企業に属する会社のうち資本金10億円未満の企業及び中小企業に属する会社のうち資本金1億円以上の企業)に分類される場合がある。