【2018年度版】成功転職ナビ

快適なサラリーマン生活・就職・転職成功の攻略を徹底比較

美文字・達筆アピール

会社では、美文字・達筆というのは、強い武器になります。

重役に気に入ってもらえる絶好のチャンスです。

宛名書き、伝言メモのように、パソコン処理ではなく、手書きで文字を書くことが求められることがあります。

特に相手が重要な取引先であったり、重役職の方々であれば、乱筆はあってはなりません。

重役職の方々へのアピールに使える方法を紹介します。

際立って良い印象を与えたり、名前を知ってもらえたり、ちょっとしたことで声をかけてもらえるチャンスにつながります。

①発表の際に、ホワイトボードに字を書く

②資料を渡す時に、手書き文字を入れる

③その他用件伝達時に、手書き文字を入れる

ここでいう「美文字」「達筆」とは、師範、あるいはそれに並ぶ、相当の腕前を示します。

昨今、書道を習っていた人は大勢いますし、綺麗な文字を書く人は、まったく珍しいことではありません。

そのレベルを超えて、書道に長けていることが分かるように、毛筆の達筆を書くと、「君、字がきれいだね」なんて労いをいただくことがあります。

そうなれば、周囲と差別化して認識してもらえる絶好のチャンスです。

「はい。師範を取得しています。書道●級です。宛名書き等、何かやらせていただけることがありましたら、お申しつけください。」という具合に、アピールするのです。

もし名前を知られていない場合には、絶好の話の流れで、部署名・名前を言って、さっそく覚えてもらいましょう。 

スペシャリストの転職はJAC Recruitment