【2018年度版】成功転職ナビ

快適なサラリーマン生活・就職・転職成功の攻略を徹底比較

能力不足な上級管理職を探せ

周囲にいませんか?

少々の実力と、あとは運だけで、けっこうな役職に出世した人。

運も実力のうち、と考えれば「実力がある人」ということになります。

そういう人は、出世の一策として使えます。

舵取りの主導権を奪い、上手くコミュニケーションをとる方法を紹介します。

そのような上司達は、結局のところ、一人では何もできず、ここまで上に来れたのは、
優秀な部下達がいたお陰です。

その部下がいなければ廃人も同然でしょう。

駆け引きの方法です。


■目的(その上級管理職に期待すること)

・待遇を上げてもらう
・(現在平社員)管理職にしてもらう
・(現在役職者)管理職の位を上げてもらう

※その上司を超えよう、というのではありません。あくまで、待遇や役職を、現状より上げてもらう、ということです。


■二択で迫る

A.待遇が上がれば、より実力を発揮します。

    →上司はもっと出世します

 →部下も出世します

 →上司・部下両方に好都合な結果です

B.待遇が上がらなければ、転職を考えます。

 →上司は出世ストップor降格の大ピンチ

 →困るのは上司だけ。部下は困りません

注:「異動を考えます」はNGです。『決死の異動』でも紹介していますが、異動されると困る優秀な部下は、異動できないように徹底的に阻止されます。直属の上司が断る限り、異動は不成立に終わります。本人意思で100%決まる「転職」を切り出すのがBESTです。


ここでお伝えした方法は、既にやる人はやっていることでしょう。想像に難くない出世策かと思います。

この方法を採るうえで、最も難しく、テクニックを要されるのは『上司の見つけた方』です。『ずばりの人を見つけられるかどうか』にかかっています。

上述のようなパターンに当てはまり、年の割には単純で分かりやすく、コントロールしやすい上司を見つけられるかどうか、が最大の決め手です。

いい相手を見つけて、コミュニケーションを軌道に乗せてさえしまえば、非常に成功率が高い策です。

周囲にいい人はいませんか。

探してみてください。

スペシャリストの転職はJAC Recruitment